露盤   露盤は、本来棟頭頂部の雨仕舞いとして考案された構造材であるが、擬宝珠を取り巻き豪華な棟を一層彩る「錺」へと、その姿を変えていったものである。

 彫刻露盤に於いては、松本系では三代目松本義廣作品と下絵が出て来た堤義法作品を、黒田系では岸和田の名工・岸田恭司作品を、加えて地元・姫路より現代の彫刻のメッカ・富山県井波で修業し独り立ちした若い工匠達の作品を展示しています。古から現在まで、連綿と屋台彫刻の意(こころ)と技とが力強く承け継がれている事を感じて戴けたら幸いです。
 一方、金具製露盤於いては、播州錺金具師の両巨頭、カナセ・下間清平とカナキ・木村円二郎の作品を展示していますので、播州が生んだ名工の技を心ゆくまでご堪能下さい。
 更に今展示会では、意匠(龍・七福神・獅子)が似通った作品の、彫刻彩色⇔彫刻木地⇔金具の比較展示をしていますので、その趣の違いを間近で味わって下さい。

意匠:鳳凰船七福神
作 :堤義法
材 :檜
地区:網干・魚吹八幡神社/大江島
 瑞祥の象徴として絵画・彫刻・芸能の題材
とされる七福神だが露盤の意匠としてはそれ
程多くは無い。
 七福神はそれぞれ異なった福を司る。商売
繁盛・恵比須神、開運招福・大黒天、勇気戦
勝・毘沙門天、技能福徳・辯財天、不老長寿
・寿老神、延命方除・福禄寿、子宝度量・布
袋尊である。
 中島岩崎丁露盤とは類似意匠であり、彫刻
と金具との趣の違いを味わって戴きたい。