栗 山 町
[平成18年10月]
拝殿前での見事な差し。
小振りだがバランスの良い屋台だ。
[平成23年10月]
電飾を施し幻想的な雰囲気の中、
差しを決める現屋台。
[平成]
棟正面に掲げてあるのは、
栗山町自慢の赤漆を施された神名額。
[平成24年10月12日]
宵宮の朝、
勢い良く練り出され、町内を巡行する現屋台。
[平成26年]
大鳥居を潜り宮入りし、堂々と進む現屋台。
[平成28年]
本殿前で見事な差しを決める現屋台。
【平成22年】
・「紋」新調
  図柄はこれ迄と同様、前後が「丸に二枚矢羽」左右が「丸に三本杉」。従来
のものより少し大きくなった。
【平成23年】
・「狭間」彩色:従来、金一色であったところに、色を入れる。
・「乗子衣裳」2着新調:鷲柄
・「子供提燈」5張新調
【平成24年】「大幟」「金具」新調入魂式
【平成28年】「青年会(平成27年発足)」始動
      「乗子頭巾」新調
      「大道法師」一式新調
      「さいてん新報」臨時版発刊
展示会出品
擬宝珠 平成20年(2008)「匠の技−播州祭り屋台伝承展」

寄贈・寄託物件
文化財 最終寄贈・寄託地区 寄贈・寄託先 区分
寄贈 寄託
栗山屋台新調記念誌 生矢/栗山町 屋台文化保存連絡会
屋台文化保存連絡会
平成23年  
さいてん新報[総括号] 生矢/栗山町 平成23年