坂 上
[平成]
電飾も鮮やかに、境内を練り歩く先代屋台。
先代屋台は平成6年に新調されたものであるが、
先々代屋台も飾り屋台として、
現在も蔵に大切に保管してある。
[平成15年10月22日]
本宮の夜、
祭りを終え、宮前参道を帰路に着く先代屋台。
[平成19年5月19日]
「ザ祭り屋台in姫路」に練り出され、
国宝・姫路城三の丸を練り進む先代屋台。
[平成20年10月]
まさに威風堂々!道中する先代屋台。
指揮を執る者・棒端・練り子・乗子、
全員の心が一致して、華麗な練りが出来上がる。
[平成27年]
伊達綱を揺らし、楼門前へ練り進む先代屋台。
勇壮な一葉だ。
[平成30年]
前年とはうって変わった晴天の下、
楼門前で「チョーサ」を披露する先代屋台。
令和元年、新調され最後の練り出しとなった。
【平成15年】棟下部漆塗完了⇒完全完成。
      彫刻類は材質やその木目を活かす為、塗りに工夫を凝らし色は古色を用いた。
【令和元年】屋台棟・四本柱・泥台新調[9月22日(日)入魂式齋行]
     (脇棒受・腰組彫刻は先代屋台のものを引き継ぐ)
      ・08:40 蔵出し・出立式
      ・09:30 宮入
      ・10:00 神事
      ・11:00 宮出
      ・13:00 町練り
      ・15:00 蔵入れ

        尚、雨天の場合は翌23日(祝・月)に順延される。
展示会出品
水引幕 平成11年(1999)「播州祭り屋台−匠の技展」
平成12年(2000)「匠の技−播州祭り屋台刺しゅう展」
平成24年(2012)「技・職人展〜播州屋台装飾に見る平清盛」
狭間下絵比較 平成20年(2008)「匠の技−播州祭り屋台伝承展」
井筒通金具 平成24年(2012)「技・職人展〜播州屋台装飾に見る平清盛」